遺伝子検査の内容

遺伝子検査には様々な種類があり、検査が行われる施設によっても検査の内容が異なります。
最近では遺伝子の解析技術が格段に進歩し、分析にかかる費用が下がるとともに短時間で行えるようになり、血液や唾液でも調べることが出来るようになりました。

人間ドックで行われる検査では、ガンの異変遺伝子を調べる事でガンにかかっている可能性を調べるものが主流ですが、最近ではその他の病気にかかりやすい体質かどうかを調べるものも増えてきています。

遺伝子検査の内容は、人間に感染症を引き起こす外来性の病原体の核酸を検出し、解析する病原体遺伝子検査や、がん細胞特有の遺伝子の構造異常を検出したり、疾患病変部や組織に限局して症状と共に変化しうる一時的な遺伝発現解析を行うヒト体細胞遺伝子検査、そしてゲノム及びミトコンドリア内の原則的に生涯変化しない遺伝学的情報を明らかにするヒト遺伝学的検査があります。

このように、特定の病気にかかるリスクが高いかどうかや、どのような体質なのか、その他才能であったり性格なども遺伝子検査で判定できるようになっています。

しかしながらこの判定も必ずしもその病気にかかると言うわけでは無く、あくまでリスクが高いというものであってその他生活習慣などの環境要因によっても左右されます。