遺伝子検査でわかること

一言で遺伝子検査といってもその種類はたくさんあり、どのような検査を行うかによってわかることが違ってきます。人間ドックで行われている遺伝子検査の多くは、血中にある遺伝子を調べることでがんにかかっている可能性を知ることができる検査となっています。この場合は「がんになっているかどうか」を調べるものであり、家系的に遺伝するといわれているがんが、遺伝する可能性があるかどうかをチェックするものとは違っています。
しかし近年では他にも多くの遺伝子検査を行うことができるようになっており、わかることはその分増えてきています。糖尿病やリウマチ、痛風といった病気にかかるリスクや太りやすさや寿命といった体質を知る検査も行うことができるようになっています。
注意点としては、例えば「がんになりやすい遺伝子を持っている」という検査結果が出たとしても、必ずしもがんになるというわけではありませんし、その逆でがんいなりにくいと判断されても、がんになってしまう可能性があります。さまざまな病気は遺伝子検査でわかる要因だけではなく、毎日の生活習慣なども大きくかかわって来るということがわかっています。遺伝子検査を受けることで楽観視しすぎたり、不安を感じ過ぎる必要はありません。