遺伝子検査の費用について

科学技術が発達した現代では、ある一人の人間の遺伝子を取り出して調べるだけで、その人の生まれ持った体質や病気のリスクをデータ化できるようになっています。遺伝子を用いて対象者の体質や疾患の傾向を調べることを「遺伝子検査」といいます。ここでは遺伝子検査で明らかになる事柄や、実施の際にかかる費用についてまとめています。
遺伝子検査は民間企業や医療機関を介して利用することができます。費用は利用する機関やサービス内容によって変わってきます。一般的に民間企業が行っている検査はプランが豊富で、価格が安い傾向があり、検査項目が多くなるほど料金は高くなります。検査項目が数個程度なら一万円程度、数十~数百個の場合は数万円かかります。
遺伝子検査を行う際に気をつけたいのが、遺伝子情報の保護です。遺伝子情報は唯一無二の個人情報なので、万が一外部に漏れた場合、思いもよらぬ形で悪用されるおそれがあります。無数の団体の中に、料金の安さを謳って遺伝子情報だけを盗む悪徳業者が紛れ込んでいる可能性はゼロではありません。検査を行う団体同士を検討する際は、その団体が信頼・実績のある団体かどうか、個人情報をどのように扱っているかついて、しっかり確認しておきましょう。