科学技術が発達した現代では、ある一人の人間の遺伝子を取り出して調べるだけで、その人の生まれ持った体質や病気のリスクをデータ化できるようになっています。遺伝子を用いて対象者の体質や疾患の傾向を調べることを「遺伝子検査」といいます。ここでは遺伝子検査で明らかになる事柄や、実施の際にかかる費用についてまとめています。
遺伝子検査は民間企業や医療機関を介して利用することができます。費用は利用する機関やサービス内容によって変わってきます。一般的に民間企業が行っている検査はプランが豊富で、価格が安い傾向があり、検査項目が多くなるほど料金は高くなります。検査項目が数個程度なら一万円程度、数十~数百個の場合は数万円かかります。
遺伝子検査を行う際に気をつけたいのが、遺伝子情報の保護です。遺伝子情報は唯一無二の個人情報なので、万が一外部に漏れた場合、思いもよらぬ形で悪用されるおそれがあります。無数の団体の中に、料金の安さを謳って遺伝子情報だけを盗む悪徳業者が紛れ込んでいる可能性はゼロではありません。検査を行う団体同士を検討する際は、その団体が信頼・実績のある団体かどうか、個人情報をどのように扱っているかついて、しっかり確認しておきましょう。

遺伝子検査をする方法には、医療機関を受診する方法とメタボ遺伝子検査キットを購入する方法があります。医療機関での遺伝子検査は医師による検査が受けられる点がメリットになりますが、健康保険の適用外になるため、費用が高くなる点がデメリットです。

医療機関で行う遺伝子検査の費用は、最も安いもので1万円台で、ガンリスク評価なども検査できるものだと20万円程度の費用がかかります。約20万円の遺伝子検査を受けると自分の遺伝子の詳細がわかりますが、1万円台の遺伝子検査だとFreeDNA濃度検査しか受けることができません。

メタボ遺伝子検査キットはネット通販などで手軽に購入することができ、費用は5000円程度になります。ガンリスク評価などは検査することができませんが、遺伝子的に太りやすい体質であるかどうかを調べることができます。医療機関の遺伝子検査と比べると費用が格安ですので、とても手軽に遺伝子検査ができる点が大きなメリットです。

メタボ遺伝子検査キットの使い方はとても簡単で、付属している採取棒で頬の内側の粘膜を採取して郵送すると、専門の検査機関の検査が受けられます。しばらく経つと検査結果を記載した報告書が自宅に届きます。

遺伝子検査には様々な種類があり、検査が行われる施設によっても検査の内容が異なります。
最近では遺伝子の解析技術が格段に進歩し、分析にかかる費用が下がるとともに短時間で行えるようになり、血液や唾液でも調べることが出来るようになりました。

人間ドックで行われる検査では、ガンの異変遺伝子を調べる事でガンにかかっている可能性を調べるものが主流ですが、最近ではその他の病気にかかりやすい体質かどうかを調べるものも増えてきています。

遺伝子検査の内容は、人間に感染症を引き起こす外来性の病原体の核酸を検出し、解析する病原体遺伝子検査や、がん細胞特有の遺伝子の構造異常を検出したり、疾患病変部や組織に限局して症状と共に変化しうる一時的な遺伝発現解析を行うヒト体細胞遺伝子検査、そしてゲノム及びミトコンドリア内の原則的に生涯変化しない遺伝学的情報を明らかにするヒト遺伝学的検査があります。

このように、特定の病気にかかるリスクが高いかどうかや、どのような体質なのか、その他才能であったり性格なども遺伝子検査で判定できるようになっています。

しかしながらこの判定も必ずしもその病気にかかると言うわけでは無く、あくまでリスクが高いというものであってその他生活習慣などの環境要因によっても左右されます。

遺伝子検査というと人間ドックのようなものを思い浮かべてしまうかもしれませんが、遺伝子検査はそういった面倒なことをする必要はありません。

簡単な流れとしては、遺伝子検査のキットを購入し、遺伝子情報を採取してから郵送でそれを送ります。すると後日、遺伝子検査の結果が送られてくるという仕組みです。

また、遺伝子錠を法の採取も難しいことではありません。綿棒のようなもので、鼻の粘膜を擦ってそれを送るだけです。一人でも簡単にできてしまうので難しいことは何もありません。それを送ったら、あとは結果が送られてくるのを待っているだけでいいのです。

遺伝子検査のキットはあまり店頭で売られているのを見たことが無いかもしれませんが、通販で売っていることが多いですので、ネットで探すと簡単に見つかります。

簡単に検査が出来るものなのでやってみたいという方がいましたら気軽にキットを購入して、一度試してみるといいでしょう。

自分がどうしたら肥満になりやすいのかという体質を知ることが出来ます。なかなかダイエットに成功しない方でも、自分の体質を知ることで上手くいく場合があります。まずは、自分がどんな体質なのかを知ることが必要なのです。

一言で遺伝子検査といってもその種類はたくさんあり、どのような検査を行うかによってわかることが違ってきます。人間ドックで行われている遺伝子検査の多くは、血中にある遺伝子を調べることでがんにかかっている可能性を知ることができる検査となっています。この場合は「がんになっているかどうか」を調べるものであり、家系的に遺伝するといわれているがんが、遺伝する可能性があるかどうかをチェックするものとは違っています。
しかし近年では他にも多くの遺伝子検査を行うことができるようになっており、わかることはその分増えてきています。糖尿病やリウマチ、痛風といった病気にかかるリスクや太りやすさや寿命といった体質を知る検査も行うことができるようになっています。
注意点としては、例えば「がんになりやすい遺伝子を持っている」という検査結果が出たとしても、必ずしもがんになるというわけではありませんし、その逆でがんいなりにくいと判断されても、がんになってしまう可能性があります。さまざまな病気は遺伝子検査でわかる要因だけではなく、毎日の生活習慣なども大きくかかわって来るということがわかっています。遺伝子検査を受けることで楽観視しすぎたり、不安を感じ過ぎる必要はありません。